クリックで救える命がある。

↑1クリックで企業さんから1円の募金ができるそうです。 押していただけた方にお金は一切かかりません。 よろしければぜひクリックしてくださいね♪(ちなみに相互リンク先のホテルマン様から教えていただきました。素敵なホテルマン様でっす!ヽ(^。^)ノ)

2009年12月30日

大掃除と「おんな太閤記」と勝手に人生論!?

こんばんはわーい(嬉しい顔)


年の瀬ですね。


今年ももう残すところあと1日です時計


年末年始は実家に帰ってのんびりと母ちゃんのご飯食べ

て、テレビ見ながら家族とベラベラおしゃべりして…



というのは来年の年末の予定です(笑)


今年は年末年始のうちにまとめて勉強をしておきたい感

じなので東京で過ごしています。
クマさん 勉強.gif


家が学校の近くなので、家の周りはけっこう閑散

としています。


ある意味、静かで落ち着いたお正月を迎えられそうです♪


さて、年末と言えば大掃除棒人間〜ヤー.gif


私は昨日(やっと)しました。


部屋が本などでドッチャリ…本


勉強の資料などを整理しとくには今の時期がいいなぁと

思ったもので。

&昨日は、何と今年(2009年)の新春大型時代劇


で放送された仲間由紀恵さん主演の「おんな太閤記

」がやっているではありませぬかぁ〜(゜o゜)



豊臣秀吉の妻「ねね」の視点から、夫の豊臣秀


吉やその周りで起きていく事件を描く「おんな太閤記」。





しかも主演のねね役はあこがれる仲間由紀恵さん!!(笑・ちなみ

に夫の豊臣秀吉役は市川亀治郎さんです。)


(市川亀治郎さん出演・
★マジック・アワー★



これは見ないわけにはいかないので、おんな太閤記を見

ながらずーっと掃除をしておりました。
お掃除.gif


ただ案の定途中で何度も手が止まってしまいましたが。


そこで仲間由紀恵さ…いえ、名作・「おんな太閤記」を


観ながら(笑)感じたのですが。


きっと豊臣秀吉という偉人は、

一生感情をむき出しにして生きて。


成功と失敗を何度も繰り返しながら一生を精一杯

生きて感情を揺さぶる思い出をたくさん作って生き

た。


そこに永遠の魅力があるんじゃないかなと感じました。


例えば、1585年、秀吉は実力者徳川家康(役は高橋

英樹さん)に対して、何とかして自分に臣下の礼を取る

ように工作します。



秀吉と互角の実力者、徳川家康が臣下の礼をとれば他の

大名も逆らうことはなくなるだろうと考えたからです。


けど、家康は中々秀吉の思いのままに臣下の礼をとって

くれません。


そこで秀吉は、自分の妹を夫(蜂須賀小六)と無理やり

離婚させて、家康に嫁入りさせます。

また自分のお母さんを家康に人質として差し出します。



ここまでされては、家康も秀吉の言うことを聞かないわ

けにはいかず秀吉に臣下の礼を取ります。


計算通り、諸大名は秀吉に逆らわない気分になり、秀吉

の計算は「政治的」には大成功でした。



けれど、おんな太閤記の面白さは、その舞台裏を徹底し

て描いてくれるところでした。


ねねは、秀吉を徹底して責めあげます。


秀吉の、妹や母親を政治に利用する態度に腹を立てた

のです。

ねね様は、秀吉に徹底してきつ〜く苦言を言います。



また、怒っているねねのご機嫌を取ろうと秀吉は頑張り

ますが…ねねは無視がく〜(落胆した顔)


昔から「旦那殺すにゃ、刃物はいらぬ。ちょっとなじ

ればそれでいい」といいますが。


なじられるだけではなくて無視までされては秀吉はもう

たまりません(笑)
暗パンダ.gif
(どよ〜ん)


「ねね、すまん!!」と何度も土下座m(__)mm(__)m


何度も何度も、頭を下げてようやく許してもらいます。



…かと思うと、次は若い茶々(ちゃちゃ)姫様

にご執心で。黒ハート(役は吹石一恵さんです)



★吹石一恵/キム・スンウ/素敵な夜、ボクにください DVDメモリアル・エディション ★




次は、お母さん&ねねのダブルで責められます。(笑)

また、秀吉は「すまん!」(__)と


けれど最期はねねの胸の中で息を引き取ります。


私はこのシーンでめちゃくちゃ感激してしまい、涙が止

まらなくなりました。


「ああ、人間ってきっと色々な思い出を持ちながら死の

瞬間を迎えるんだろうな。

笑い・ケンカ・成功・失敗など。

大きく感情が揺さぶられる事件が多いほど、

きっと思い出がたくさんになって素敵な人生になるんじゃないだろ

うか
」って。


こんなことを考えて涙があふれ出したんだと思います。


農民出身の何もない身から天下一に登りつめた

秀吉ほど感情揺さぶる大事件をたくさん経験でき

る人生はないのではないか。


こう感じたら何か深く感動してしまったのではないかな

と思いました。


当然ながら、秀吉ほどの大きな感動を持って人生

を送ることはできないと思います。


けど、1日1日を精いっぱい。


今は勉強をして。

試験を受けて。

もしパスできたら法律の仕事を一生懸命やって。

不合格だったとしても自分にできる他の仕事を一生懸命やって。

感動の総量が少しでもたくさんになる毎日を送りたい。

2009年終わる今、そんなことを思いました。



読んでくださる皆様、どうか良いお年をどうぞ。


来年も時々更新するつもりので遊びに眺めてくださいま

春日!ばぁい.gif
posted by ハッピー・ライフ=for you♪ at 21:39 | Comment(0) | ツレヅレ日記(中央線沿いの日々の雑感です♪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

弊ブログはリンクフリーです。 もしよろしければご自由にリンクなさってください(ただしアダルトなどのサイトは除きます) また相互リンクをお考えいただける方は、コメント欄メールフォームに貴サイト様のURLを添えてお気軽にご連絡いただきたく存じます♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。